- BEADS SPANGLES|ビーズスパングルズ ビーズアート、リュネヴィル刺繍の材料
スパンコールを糸に通す

リュネヴィル技法で刺繍を始める前に、
糸にスパンコールやビーズを通します。

「糸通しスパンコール」は、約1000枚のスパンコールが
表裏そろった状態で糸に通してあるものです。

リュネヴィル刺繍は布の裏から刺すため、
糸の先端側に裏がきているようにすればよいのです。


≪ステップ1≫ どちら側に表が来ているのか確認しましょう。


≪ステップ2≫ そして、新しい糸に結ぶとき、表を結びめのほうに向けましょう。
       結び目が大きすぎてスパンコールが通らないときは、
       2枚目の写真のように糸通しスパンコールの糸を結び、糸のヨリをほぐして、
       間に刺繍するための糸を通し、スパンコールを流します。
       穴の小さいビーズもこのようにして糸に通すことができます。


≪ステップ3≫ スパンコールを通します。 力を入れすぎると糸が切れてしまうので要注意!!

完成!ここまでできたらあとは刺すだけ。楽しい刺繍の始まりです!!

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ